赤ちゃんに歯磨きを嫌がられないやり方

赤ちゃんに歯磨きを嫌がられないやり方ってあるの?

専門家によれば、赤ちゃん時代の歯磨きが
その赤ちゃんの生涯の口内の環境を左右するのだそうです。

 

 

そんなことを言われると、お母さんやお父さんの責任が
ぐっと重くなるような感じがしますね。

 

赤ちゃんの歯磨きは、歯磨きの習慣をつけるということと
乳歯の虫歯を防ぐという二つの大きな理由があります。

 

赤ちゃんの乳歯は、どうせ永久歯に入れ替わるのだから、乳歯を
一生懸命磨いてきれいにしても、それほどの意味がないのでは
ないのか?と思われてますか?

 

じつは、そうではないのです。
乳歯が虫歯になったら、その後の永久歯も虫歯になる確率が
ぐーんとあがるのだそうです。

 

乳歯の虫歯は永久歯の歯並びにも影響があるといいます。
赤ちゃんの成長にあわせた歯磨き方法が必要です。
赤ちゃんの歯磨きの正しいやり方と注意点も抑えておきましょう。

 

 

赤ちゃんの成長期の伴って以下のようにします。

 

☆乳歯が2本生えたら歯磨きを始める
 この時期は、まだ歯ブラシになれてもらうのが主眼です。
 嫌がるからと強制的になってはいけません。歯ブラシを
 口に慣らすことが目的ですから、ゴムでできたものや柔らかな毛先の
 もので、やさしくこすってあげて、歯磨きは気持ちがいいものだと
 いうことを教えてあげましょう。
 また、嫌がる場合は歯ブラシのかわりにガーゼを使います。
 市販品には、歯磨きシートもあるようです。

 

☆前歯が上と下に4本ずつ生えたら歯磨きを本格的に行なう
 虫歯予防を意識した歯磨きを行います。
 上の歯は唾液が行き届かないわけで、下の歯よりも
 歯磨き時間は掛けてあげましょう。
 歯ブラシを使うときの注意点として、上唇の裏に当たるひだは
 強く磨くとたいへん痛みを伴うので、乳児が歯磨き=痛いと
 なってしまいかねません。十分注意してあげてください。

 

 使う道具は、乳児用歯ブラシですが、ブラシ部分が小さく、
 毛の長さも短いものとなります。
 赤ちゃんによっては、歯と歯のすきまがあったりしますので
 状態に応じて、糸ようじを使用するのも一つの方法です。

 

☆奥歯が生えたら歯磨き法を変更
 ほぼ1歳半くらいになったら、自分で歯ブラシを使うことが
 できるようにしましょう。
 きちんと磨けなくっても、仕上げはお母さんがしてあげてください。
 歯ブラシが使えること、歯磨きをしようとしていたことを
 褒めてあげてください。
 歯磨きをするタイミングは理想は食事後ですが、じっさいそれは
 難しい場合は例えば、夕食後は寝るまでの間にするということで
 よいと思います。
 就寝時は一日の中でもっとも虫歯になりやすいと言われています。
 寝る前には、かならず歯を磨くように習慣化させてあげましょう。

 

☆奥歯に永久歯が生えたら要注意
 6歳ごろのことになります。
 永久歯がはえたら、食事後はかならず歯磨きをさせましょう。
 6歳のころの臼歯がはえたころは、隣の歯との段差ができて
 歯ブラシが届きにくくなります。このため、磨き残しがでる
 おそれがあります。やはり、お母さんが確認をして仕上げ磨きを
 してあげましょう。
 磨き方のポイントは臼歯だけ、歯ブラシを斜めにするように
 横から磨くとやりやすいです。

 

 

 

さいごに、
歯磨きを嫌がる赤ちゃんの歯磨き対応ですが
ともすれば、強制的になりがちです。
お母さんが笑顔を忘れないでください。

 

歯磨きのときだけ特別な体勢にさせないで普段から
スキンシップをとり寝かせる体制で歯を磨くなどの
工夫をしてみましょう。

 

音楽を聞かせながら、時にはお母さんが歌を歌いながら
歯磨きは楽しい時間だと思う工夫をしてみましょう。

 

すこしでも、歯磨きができたら、よく褒めてあげましょう。
完璧でなくても構いません。やる姿勢を習慣化することが
とても大切です。

 

 

 

あなたのお子さんが虫歯に悩まない健康ですこやかな
生活が送れますように。

歯の健康参考記事(1)

診療用の機材といったハードの側面においては、現時点の社会から望まれる、歯科医師による訪問診療の役割を担う事の出来る基準に到達していると言えるとの事です。
口中の匂いの存在を親族にもきくことができない人は、非常に多いとみられています。そういう時は、口臭外来へ行って専門の施術を体験してみる事をおすすめいたします。
口内が乾燥するドライマウスというのは、ストレスが原因で症状が出るケースも少なくないので、今からの時代には、バリバリ働く年代の男性にも症状が出てくる可能性は大いにあるのです。
審美歯科においては、見た目のキレイさばかりでなく、歯の並び具合や噛み合わせの修整を行い、その所産として歯が持つ本質的な機能美を手に入れるということを追い求める治療方法なのです。
まず始めは、歯みがき粉を使用しないで念入りに歯をブラッシングする方法を習得してから、最後の仕上げの時にごく少量の歯磨き剤を付けるとよいのではないでしょうか。

エムドゲイン誘導剤を歯周外科の治療時に患部に塗れば、歯が初めて生えてきた時のシチェーションと一緒のような、強く貼り付く歯周再生を助けることが不可能ではありません。
たとえ成人になっても永久歯は虫歯にかかりますが、乳歯はその構成上、永久歯より酸への耐性が弱いため、歯磨きを手抜きすると、乳歯に巣食ったむし歯は容赦なく深刻になります。
虫歯が原因となっている知覚過敏は、虫歯は意外なほど進行していると推察され、歯痛も継続しますが、そうではないケースは、一時性の事態で収束することが予想されます。
あまり知られていませんが、むし歯は、むし歯の菌が歯を溶かして冒す速度に、再び歯を石灰化する作用(とけてしまった歯を元通りにする力)の素早さが劣るとできます。
今流行のインプラントとは、歯肉内部にどっしりと在るあご骨に、チタンでできた人工の歯根を埋入した後、その上に予め作られた歯をきっちり装着する治療のことです。

歯をはるか先まで存続させるには、PMTCが非常に大切なことであり、この治療が歯の施術の後の状態を末永く保つことができるかどうかに、大きな影響を及ぼすことも現実なのです。
患者に対する情報の提供と、患者自らの要望を許可すれば、それに見合うだけの仕事がたとえ医者であっても厳正に切望されるのです。
口腔内に口内炎が発症する誘発事項は、ビタミン欠乏がそれの一つではありますが、各種ビタミン剤は簡易なサプリメントや、薬局でも購入できる医薬品の飲み薬としても数多く販売されています。
口腔外科という科目は、その性質として、顎口腔処置を焦点に置いているので、内科方面の治療やストレス障害などに至る程、受け持つ項目は幅広く在ります。
審美歯科治療の現場で、通常セラミックを利用するには、例えばつぎ歯の交換等が活用法としてありますが、詰め物としてもあのセラミックを練りこむことが可能なのです。

歯の健康参考記事(2)

酷い口臭をそのままにしておくことは、周囲の人への不快感は当然の事、自分の精神的な健康にも大変なダメージになるかもしれないのです。
歯に付く歯垢について、あなたはどの程度知っているでしょうか?テレビやCM等でもしょっちゅう耳にする言葉なので、今まで聞いたことがない、そんな事はほぼないのではないかと感じられます。
審美の側面からも仮歯は主要なポイントです。目の間をつなぐ線と前歯の先端が直線でないと、顔自体が曲がっているような雰囲気に見えます。
どのような社会人に向かっても当てはまりますが、歯科衛生士を始めとして患者のいる医療関係の現場に所属する人は、一層仕事中の身嗜みに神経を使わなければならないと言われています。
びっくりするかもしれませんが日本は予防における残念なことに後進国と言われ、欧米人に比べたら、日本人の歯の使用期間は短くなっていっています。最初から歯の病気の予防全般に取り組む危機感が違うという事が感じられます。

虫歯を防ぐには、歯を磨くのみでは不可能で、肝心なのはこの虫歯を誘引する原因菌を根絶することと、虫歯の悪化を回避するという2つの留意点だとはっきり言えます。
歯の表層を少しだけ削って白くするための研磨剤入りの歯磨き粉というのは、多少不要な用途ですが、歯がもう一度石灰化するのを促すということは有益な効能となります。
歯科衛生士による在宅での医療で必要とされるのは、最初に患者の口の中をきっちりと清掃することです。口のなかが不潔なままだと、菌が繁殖している不衛生なカスそのものを飲み込んでしまうかもしれません。
いつもの歯のブラッシングを言われた通りにしてさえいれば、この3DSのためにムシ歯の菌の除菌された状態がほとんどのケースでは、4ヶ月から半年くらい長持ちするようです。
大きくなってしまった歯周ポケットという歯と歯ぐきの隙間には、歯垢が非常に入り込みやすく、このようにして積もり積もったケースでは、歯ブラシでのブラッシングだけおこなってみても、すべて完全に除去するのは不可能です。

なくした歯を補う義歯の取り離しが難しくないということは、加齢にともなって違ってくる歯と顎関節の具合に見合った形で、整えることがやれるということです。
歯のクリーニングを受けるのは、歯周病の元凶である菌のはびこるのを抑制する最適な方法だと、科学的にも証明されており、単に心地よいというだけではないとのことです。
一般的に見れば歯科医が多いと、ゆっくり患者さんを診察してくれそうですが、意外なことにそういう診療所は流れ作業方式で、患者の治療を行う施設が実在するそうです。
歯のカラーは自然な状態でピュアな白色ではないことが多く、それぞれ違いますが、かなりの歯は、イエローの系統や茶色味が強い色に色が着いています。
乳歯は永久歯と違って、象牙質やエナメル質などの厚みが約半分位しかありません。より一層歯の再石灰化力も未熟なので、虫歯の細菌にいとも簡単に溶かされてしまうそうです。

歯の健康参考記事(3)

最近話題のインプラントとは、歯肉内部にある顎の骨に、チタン製の人工歯根を埋め込んで、それを基礎として人が作った歯を装填する治療方法を言います。
最近ではよく耳にするインプラントは、口に合わないということがなく、飲食時も自分の歯のように快適です。更に特筆すべきは、他の治療法と比較してみると、あごの骨が徐々に痩せていくというようなという不安がありません。
節制した生活を念頭に、唾液によった補修作業にもっと拍車をかけるという要旨に目を留めた上で、重要な虫歯の防止に重きをおいて考察する事が理想とされます。
最初は歯周病を起こす菌が歯の表面にくっついてしまい、それが引き金となって歯ぐきが炎症を起こして赤味を帯びたり、ハブラシで歯のブラッシングをするといつも血が出るような症状が出るのが歯肉炎の特性です。
甘い物等を摂取しすぎたり、歯ブラシでの歯みがきを続けないと、歯周病の原因菌がはびこり、プラークが蔓延し、遂に歯肉炎を起こしてしまうといわれています。

自分が自覚していない間に、歯にはヒビ割れが潜んでいることも想定されるため、ホワイトニングを受ける前は、よく診察してもらわなければなりません。
PMTCを利用することで、ベーシックな歯ブラシでの歯のブラッシングで消し去ることのできない色素の沈着や、歯石以外の要らない物質、ヤニなどを丁寧に取り除きます。
歯の持つ色は本来ピュアなホワイトであることはないことが多くて、十人十色ですが、かなりの歯の持つ色は、黄色っぽかったり茶色っぽく感じます。
たとえ大人になっても永久歯はむし歯にかかりますが、乳歯は構造上、永久歯より酸への耐性が頼りないため、毎日の歯磨きを続けないと、乳歯のむし歯はいともたやすく重症になってしまいます。
大切なのは虫歯の病根である虫歯菌や歯周病菌を可愛い赤ちゃんに近づけさせないためにも、婚礼を間近にした女性陣は虫歯を治す治療は、きっちりと果たしておく方が良いと考えておくと良いでしょう。

歯のホワイトニング処置は、歯の外側のエナメル質の細かな汚れを十分に取った後に行いますが、それには自宅で実施できるホームホワイトニングとオフィスホワイトニングという、施術場所の違う2種類が選べます。
レーザーによる歯の治療では、ムシ歯を起こす菌をレーザーを当てて消滅させてしまい、それだけでなく歯表層の硬度を増し、繰り返しやすい虫歯になりにくい状況にする事ができるようになります。
まず口のなかに矯正装置を取り付けて、一定の圧力を歯にずっと続けて加え続ける事で正しい位置に人工的に移動し、トラブルを抱えた噛みあわせや歯並びを修正する手段が歯列矯正と呼ばれる治療方法になります。
患者の希望する情報の説明と、患者本人の自己判断を許可すれば、相応の職責が医者側に断固としてのしかかってくるのです。
口内炎の程度の重さや発症する場所次第では、舌が物理的に向きを変えるだけで、激しい痛みが生じるため、唾液を飲み下す事すら難儀になります。

歯の健康参考記事(4)

歯科で使われるカリソルブは、要するに「サイエンステクノロジーで虫歯の病巣だけを溶かす薬剤」です。その折、虫歯にかかっていない歯の場所には全く被害のない便利な薬です。
本来の唾の役割は、口内の浄化と菌の働きを妨げることです。でも、これだけではないということです。再び歯を石灰化するためには唾液が絶対に必要なため、分泌される量は見逃せないチェック項目です。
デンタルクリーニングというのは、歯周病の元となる菌のはびこるのを防御する適切な手段であると、科学的にも証明され、単に快いというだけではないそうです。
口の開け閉めで生じる筋肉の緊張を少なくし、ずれてしまった顎関節内の奥の方を正しい値にするリハビリを行ったり、顎関節の運動を改良する医学的な運動を実践してみましょう。
恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防の残念なことに後進国と言われており、欧米人よりも、実際は日本人の歯の寿命は短縮傾向がみられます。最初から歯の病気の予防全般に取り組もうとする危機感が異なるからだと想定されます。

専門的な話をすれば、むし歯は、むし歯菌が歯を溶かすテンポに、歯を再び石灰化する働き(溶けた歯を元の通りに戻す効能)のピッチが下がってくると発症してしまいます。
ホワイトニングの処置を受けなくても、歯にできている亀裂を放置し続けると、象牙質がもろくなり、周囲の外気や熱い食べ物が当たるだけで痛みが走る場合があるといわれています。
良く知られているように口腔内の唾液は、すっぱそうな物や、美味しそうに見えるものを目の当たりにしただけで分泌されるものですが、じつは、ムシ歯や歯ぐきの歯周病等を食い止めるのに適しているのが唾液です。
虫歯の元凶は、ミュータンス菌という名前の元凶の菌による作用です。口の中にムシ歯菌が発生したら、そのムシ歯菌を除菌するのはすごく難度の高い事なのです。
例えば噛みあわせの相談の中でも殊に前歯がよく当たる場合では、歯を噛みあわせる毎にストレスが、上の顎骨の前の方や鼻骨に直にかかってきます。

気になる口臭を抑える効果がある飲物に、代表的なのがコーヒーですが、あまりにも飲み過ぎるとなぜか口のなかがカラカラに乾き、ともすれば口臭のきっかけとなりうるものです。
昨今では歯周病の元凶を取り払う事や、原因菌にダメージを受けた範囲を治療することで、組織の新しい再生が実現できる治療術が発見されました。
先に口のなかに矯正装置をはめこみ、歯に一律の圧力をずっと続けて加える事で人工的に正しい位置に動かし、良くない歯並びや噛みあわせ等を改善する方法が歯列矯正と呼ばれる処置です。
人間の歯牙の表面を覆う固いエナメル質のすぐ下の位置から、口腔環境の指針である酸性の度合いが下がりph(ペーハー)5.5〜5.7より低くなると、歯を形作る重要な要素であるリンやカルシウムが溶けて消えてしまいます。
審美歯科の治療とは、見た目の美しさばかりではなしに、歯並びや噛み合わせについての修築を行い、そのことによって歯牙本来の機能美をよみがえらせることを突き詰めていく治療です。